東京電力グループ 東京電力ベンチャーズ株式会社

PREDICT-IT

PREDICT-IT

弊社では、予兆検知ソフトPredict-Itの販売を行っています。Predict-Itは、プラント設備の故障予兆を診断するソフトウェアです。重要な機器の状態をリアルタイムに監視し、その実測値と正常状態のモデルから作成された期待値との乖離から潜在的な故障を診断します。ECG社※1が開発したPredict-Itの高度なパターン認識技術は、運転管理者に信頼性の高い情報を提供し、メンテナンスコストを削減させ、運転効率および安全性を向上させます。

機能と特徴

Predict-Itは、プラントの運転データを継続的に追跡し、数値の変動を分析します。リアルタイムの計測値と、正常状態のモデルから作成された期待値が乖離すると警告が発生し、予防的措置によって将来的に起こりうる重大な故障を回避します。Predict-Itの強力なアルゴリズムは、機器の動作日から数ヶ月にわたっての微妙な変化を検出します。

Predict-Itでは、IoTデータ管理ソフトウェアとして世界中で利用されているOSIsoft社のPI System®と親和性が高くProcessBook®、DataLink®、Coresight®などのソフトウェアも利用できます。また導入後のサポートとして、経験豊富な弊社スタッフによる監視サービスも提供しています。

PREDICT-IT

用途

Predict-Itを用いた故障の予兆診断により、
以下を実行できるようになります。

  • 重大な機器損傷の回避
  • 計画外停止の予防
  • 費用効果的なメンテナンスの実施
  • オペレーターの負荷低減による生産性向上

導入実績

ECG社が開発したソフトウェアは、米国、カナダ、メキシコ、オーストラリア、英国、日本、インド、ブラジル、モンゴルなど、世界中の幅広い業界に導入されています。国内エネルギー産業では、東京電力フュエル&パワー株式会社が火力発電所の監視に使用しているほか、関西電力株式会社、東京ガス株式会社、三井物産株式会社が使用しています。
ECG社のホームページにて、Predict-Itを導入したオーストラリアの大手電力事業者であるagl社のユーザーコメント(英語)がご確認いただけます。

製品紹介動画

お問合わせ先

IoTプラットフォーム事業本部
Email : iotp.sg@tepcoventures.co.jp

※1 ECG社

プロセス制御、監視と分析、およびカスタムソフトウェア開発を行う米国のエンジニアリング会社です。1992年に設立されたECG社は、Microsoft、OSIsoft®などのIT分野のリーディングカンパニーとのパートナーシップ契約を締結しており、世界中の発電事業者をはじめとした多くの業界に質の高いサービスを提供し続けています。(詳細は、http://www.ecg-inc.comをご覧ください。)