東京電力グループ 東京電力ベンチャーズ株式会社

PEPSE / PMAX

PEPSE / PMAX

弊社では、Curtiss-Wright社※1が開発した発電プラント向けの熱効率管理ソフトウェア(PEPSEおよびPMAX)の販売・サービスを行っています。PEPSEは、プラントの熱効率改善をシミュレーションするソフトウェアで、運転コストの低減や故障診断が可能となります。PMAXは、プラントの熱効率をオンラインで行うソフトウェアで、熱消費率の改善や、機器の劣化予兆を把握します。
Curtiss-Wright社が提供する技術サポートと、東電グループ内に保有する火力発電所運営技術との相乗効果により、発電プラントの熱効率管理の高度化を支援いたします。

機能と特徴

  1. 1. PEPSE(ペプシ)

    PEPSEは、Performance(性能)、Evaluation(評価)、Power(発電)、System(システム)、Efficiencies(効率)の略です。
    PEPSEでは、プラントのモデル化により潜在的な熱効率改善のシミュレーションや、異常動作の検出ができ、これによりプラントの運転コスト低減や故障診断が可能となります。高性能なモデリング機能と、高度なパターン認識技術による入力データの検証により、信頼性の高いプラント熱改善情報を提供します。

    PEPSEのスライド画像01
    PEPSEスライド画像02
  2. 2. PMAX(ピーマックス)

    PMAXは、発熱プラントの熱効率をオンラインで監視するシステムです。ボイラー、タービン、復水器などの発電設備をリアルタイムでモニタリングし、最適運転状態のモデル(あるべき姿)と比較することで、熱消費率の改善や、機器の劣化予兆を把握します。

    PMAXのスライド画像01
    PMAXのスライド画像02
    PMAXのスライド画像03
    PMAXのスライド画像04
  3. 3. 技術サポート

    ソフトウェア導入後の技術サポートとして、Curtiss-Wright社の監視&診断センターからの遠隔操作サービスや、ユーザー向けトレーニングサービスを実施しています。またユーザー向けシンポジウムを開催し、フィードバックを取り入れることによって、製品強化を実施しております。
    Curtiss-Wright社が運営する充実したサポートと、東電グループ内に保有する火力発電所運営技術との相乗効果により、発電プラントの熱効率管理の高度化を支援いたします。

用途

  • PEPSEの導入で、発電事業者は以下を
    実行できるようになります。

    • プラントの劣化検証
    • プラントの達成可能な最高効率の検証
    • 試験データの削減及び解析
    • 新規/改造機器の評価
    • プラントサイクルの改良検証
    • 運転に関わる変更検証
    • 系統/機器の効率性検証 など
  • PMAXの導入で、発電事業者は以下を
    実行できるようになります。

    • プラント効率のリアルタイムモニタリング
    • 熱効率カーブの高精度評価
    • 効果的なメンテナンス計画の作成
    • 異常動作の早期発見
    • 機器劣化傾向の監視

導入実績

PEPSEは、全世界で800以上の施設に導入されており、米国ではすべての原子力発電所に導入されています。またPMAXは、全世界で300以上の施設に導入されています。
Curtiss-Wright社の製品は、長年にわたり電力業界から高い支持を受けています。

お問合わせ先

IoTプラットフォーム事業本部
Email : iotp.sg@tepcoventures.co.jp

※1 Curtiss-Wright社

商業、工業、防衛、エネルギーの各分野において、高度に設計された革新的製品およびサービスを提供する世界的なリーディングカンパニーです。グレンカーチスとライト兄弟が残した功績を受け継ぎ、長期にわたり高度なソリューションを提供し続けており顧客との情報を築いています。
(詳細は、www.curtisswright.comをご覧ください。)